会社の見方:成長する企業・衰退する企業のコンプライアンス意識

こんにちは、Gene-K(@SmileWork_LAB)です。

VUCAと言われる現代のビジネス環境において、企業が成長し続けるために、コンプライアンス意識を高めることは必要不可欠であるということはご承知のとおりかと思います。

よく聞く「VUCA時代」のVUCAってナニ?

コンプライアンスに関する規制が厳しくなる中、コンプライアンス違反が発覚した場合、企業の信用を失い、経営環境が悪化し、最悪の場合、その企業は社会から退場(消失)することが余儀なくされるなど、コンプライアンス遵守は企業にとっても働く人にとっても極めて重要の問題です。

成長する企業・衰退する企業の違い

成長する企業は、コンプライアンス意識を高めることで、企業価値を向上させ、競争優位性を確保することができます。

そのため、企業は、コンプライアンス体制を整備し、従業員に対して適切な教育を行うことが必要です。コンプライアンスに関する法律や規制に精通していることはもちろん、従業員に違反行為をすることが許されないことを強く認識させ、コンプライアンス意識を高めることが大切です。

一方、衰退する企業は、コンプライアンス意識が低い傾向があります。企業経営においては、時には利益を追求するために、法律や規制を犯してしまうことがあります。しかし、そうした行為は、企業の信用を失うだけでなく、罰金や訴訟による損害賠償金がかかるなど、企業にとって大きなリスクとなります。

また、コンプライアンスに関する問題が発覚した場合、その解決には多大な時間や費用が必要になるため、企業が衰退(場合によっては倒産)する要因となることもあります。従って、企業が成長するためには、コンプライアンス意識を高めることが必要であると同時に、コンプライアンス違反を回避するためのリスクマネジメントも必要不可欠であることが言えます。

このように、企業が成長するためには、コンプライアンス意識を高め、違反行為を回避するための体制を整備することが不可欠であることがわかります。ここでは、具体的な成長する企業と衰退する企業の例を挙げ、コンプライアンス意識が及ぼす影響を考えてみます。

例えば、成長する企業は、社員のモラルやコンプライアンス意識に重きを置いた企業経営を行っています。従業員に対して適切な教育を行い、不正行為や違反行為を行った場合には厳しい処分を与えることで、コンプライアンス意識を高めています。また、コンプライアンス違反を回避するために、コンプライアンスに関する専門部署などを設置し、リスクマネジメントに注力しています。

一方、衰退する企業の過去の典型の例として、収益を水増しし、会計処理を不正に行うなどの不正行為を行う、ということが挙げられます。これにより、企業信用を失い、経営破綻に至ったところもあります。原因は、コンプライアンス意識が低く、法律や規制を犯すことを厭わない経営体制があったことが、企業の衰退につながったと言えます。

以上から、コンプライアンス意識の高い企業経営は、リスクマネジメントを行い、コンプライアンス違反を回避することができま、企業価値を向上させ、成長することができると言えます。一方、コンプライアンス意識が低い企業経営の場合、法律や規制を犯し、企業信用を失うことがあります。従業員の知らないところで事件が生じ、そのため、企業価値が低下し、衰退し、離職を余儀なくされることもあると言えます。

こうした事からも、企業経営におけるコンプライアンス意識の重要性がうかがえます。企業が成長するためには、コンプライアンス意識を高めることが不可欠であることを再認識し、適切なコンプライアンス教育や監査、リスクマネジメントなどの取り組みを進める必要があります。また、働く側にとっても自社のコンプライアンス経営、コンプライアンス意識に問題はないのかをしっかりウオッチすることが重要です。

企業文化(社風)の整備

コンプライアンス意識を高めるためには、企業文化(社風)の整備も必要です。

コンプライアンス意識を持つ社員が育成され、コンプライアンス違反に対しては厳格に対処される企業文化が根付いている企業は、コンプライアンス意識の高さが企業イメージにもつながり、顧客や投資家からの信頼を得ることができます。

また、コンプライアンス意識が高い企業は、社員の士気を高め、生産性を向上させることができます。社員は、企業の社会的責任や法的義務について正しく理解し、自ら行動することで、企業と社会との信頼関係を構築し、企業の成長に貢献することができます。

一方で、コンプライアンス意識が低い企業は、不正行為や違反行為が横行し、社員の士気や生産性が低下することがあります。また、法的な罰則や企業イメージの低下などの問題が生じ、企業の成長に大きな障害となることがあります。

このように、コンプライアンス意識の高い企業は、企業の成長に大きな役割を果たすことができます。コンプライアンス意識の低い企業は、企業の衰退につながることがあるため、コンプライアンス意識の向上が重要であることを再認識し、コンプライアンス教育や監査、リスクマネジメントなどの取り組みを進めることが必要です。

このような取り組みについて、就職や転職に際し確認することが重要です。働きがいのある社風とは、誰もがルールを守り、不正なこと(当然、ハラスメントなども含まれます)が生じた場合は誰でも安心して意見することができ、経営陣が率先して前向きに改善する意識と行動力があるかどうか。まずは、安心して働く職場環境があるかどうかが重要です。

「会社の雰囲気はどうですか?」と質問するよりも「コンプライアンスについての具体的な取組みはどうですか?」と質問した方が会社を見極めるヒントを引き出すことができると思います。

人間の欲求の仕組み「マズローの欲求の5段階説」

コンプライアンス問題が減らない職場

コンプライアンス教育が徹底されているにも関わらず、コンプライアンス問題が減らないという現象が起こる場合があります。例えば、その原因とし、以下のようなものが挙げられます。

リスクマネジメントの不十分さ

コンプライアンス違反が発生する原因の多くは、リスクマネジメントの不十分さにあります。企業が業務を遂行する上でのリスクを正確に評価し、適切な対策を講じなければ、コンプライアンス問題は減らないでしょう

文化的背景の違い

企業がグローバルに展開する場合、文化的背景の違いによって、コンプライアンス意識の向上に関して課題が生じることがあります。たとえば、海外の拠点での賄賂などは、その地域の文化的背景によっては普通に行われていることがあります。

コンプライアンス監査の不十分さ

コンプライアンス監査が不十分である場合、コンプライアンス違反を早期に発見できず、問題が拡大してしまうことがあります。また、コンプライアンス監査において、適切な指摘や改善策が提供されなければ、コンプライアンス意識の向上は望めません。

経営陣の意識不足

コンプライアンス意識を高めるためには、経営陣のコンプライアンスへの意識が重要です。経営陣がコンプライアンスに対して十分なリソースや支援を提供しなければ、社員に対するコンプライアンス教育の効果は限られるでしょう。また、経営陣にコンプライアンス経営に興味関心がない、または自らコンプライアンス違反を行う企業からは当然、コンプライアンスの問題はなくなりません。

"役員の人となり"を見れば、その企業が成長するか、衰退するか、想像できちゃう?

以上のように、コンプライアンス意識の向上には、経営陣が先頭に立って企業全体での取り組みが必要です。コンプライアンス教育は重要ですが、それだけでは不十分です。企業文化の整備やリスクマネジメントの強化、コンプライアンス監査の徹底など、多角的なアプローチが必要です。

最大のリスクは経営陣の意識不足

経営陣の意識不足とは、コンプライアンスを十分に重視せず、経営目標や利益追求を優先させることによって、コンプライアンス違反が発生する可能性が高まる状態を指します。

経営陣がコンプライアンスを意識不足にする主な原因には次のようなものあります。

トップダウンの意識不足

トップダウンの意識不足とは、経営陣がコンプライアンスを重視しない姿勢を示すことによって、組織全体のコンプライアンス意識が低下することを指します。経営陣がコンプライアンスに対する取り組みを行わない場合、社員はコンプライアンスを重要なものとは捉えず、ルールを破ることになる可能性が高まります。

利益追求の過剰な優先

経営陣が利益追求に優先することによって、コンプライアンスに対する意識が低下することがあります。利益追求が優先されることによって、コンプライアンスに関するコストを削減するために、社員が不正行為に走る可能性が高まります。

コンプライアンスの重要性を認識していない

経営陣がコンプライアンスの重要性を認識していない場合、コンプライアンス違反を防ぐための対策が十分に講じられない場合があります。また、コンプライアンスに関する情報や知識を持っていない場合、違反が発生しても早期に対応できない可能性があります。

以上のように、経営陣の意識不足はコンプライアンス違反を引き起こす大きな要因の1つと言えます。経営陣自らがコンプライアンスの重要性を認識し、社員に対しても積極的にコンプライアンス意識の向上を促しているかどうかを見極めることが重要です。

これからの企業研究で最も重要な「役員の見方」について解説します!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA